むねろぐ

~米国株式・高配当再投資でまったりリッチ~

【RDS.B】を62.71ドルで17株、購入しました。

ご機嫌いかがですか。
むねやんです。


先日、高配当で有名なロイヤル・ダッチ・シェル【RDS.B】を62.71ドルで17株、購入しました。
これでまた一歩、億万長者に近づきました。

購入のきっかけ


実はむねやん、エネルギー関連株は既にエクソン・モービル【XOM】を購入しております。
ですので、エネルギーセクターについてはもうこれで十分かなぁと思っておりました。

しかしですね、私の通勤経路途中に、昭和シェル石油のガソリンスタンドがあるのです。
交差点前にあるのですが、これがまた毎朝の信号待ちのときに、ミョーーに気になるのです。
他の米国株ブロガーさんも、高配当ADR株ということで「購入したよ!」という声もちらほら聞こえてきますし、何かもう「買いたい欲」がムズムズとわき上がって抑えられなくなってしまいした。
そしてついに先日、衝動的に「えいっ!」と購入してしまったわけです。

何か全然論理的じゃない理由ですが、、、、
ま、まあ、ブログ10000PV記念もありましたし、自分へのご褒美ということで、どうかご容赦下さい。


銘柄分析

f:id:munelog2007:20171013172242p:plain
企業名:Royal Dutch Shell Plc
ティッカー:RDS.A、またはRDS.B
株価:62.40ドル
配当利回り:6.03%
時価総額256,282,300千ドル(10/6)
PER(実績) 26.20.
PBR(実績) 2.27
EPS(実績) 2.36
BPS(実績) 27.25.
52週高値 63.12(17/10/03)
52週安値50.94(16/11/14 )


直近5年チャート
f:id:munelog2007:20171013173306p:plain


【RDS.B】の銘柄分析については、私もよく参考にさせて頂いております、投資とイラストの二刀流ブロガー、w73さんの記事をご覧下さい。
無知無学の私よりも、ずっと詳しく分かりやすく紹介されております。
【エネルギー株】ロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell:RDSB)の銘柄分析


総評


以前より配当利回りは下がっていますが、それでも配当利回り6%超えは魅力的です。
財務諸表も不安定ですが、借金をしてまで配当を出すその気概は流石だと思いました。


原油価格の将来は正直読みづらいです。
シェールガスの採掘というエネルギー業界の根本的な構造変化に加え、今後の米国の金融政策や石油製品価格の推移も不安定です。
またOPECの減産状況についてあまり各国の足並みが揃っていないこともあり、価格の安定はあまり期待できません。
特に【RDS.B】は俗に言う「川上」部門に重点を置く企業ですので、原油価格の影響をもろに受けます。
この辺が「川下」分野まで幅広くやっている【XOM】との大きな違いですね。


思うんですが、今後、原油価格は少しずつ上がってくるのではないかなぁと思っています。
根拠ですか?全くありません!カンです。
ただ、オイルメジャーとして世界を席巻した石油業界が、このまま手をこまねいて傍観するとはどうしても思えません。

「原油価格低迷の状況だが、今は耐えよう!今は厳しい冬でも、いつか春は来るさ!」

なんて、ヤツらがそんなこと考えるタマですかねぇ?
オイルメジャー連中の影響力を嘗めちゃあいけません。
「鳴かせて見せよう、ホトトギス」ですよ。


とはいえ、原油価格は依然下値を探る可能性も十分にあります。

こんなときは広瀬隆雄氏のMarket Hackで紹介されていたグラフを参照にしましょう。
今現在の米国株式の状況は、12時の方向付近と言われていますので、今後はエネルギー株が上がってくる可能性もあるとも考えられます。
f:id:munelog2007:20171013173548p:plain

まあ結局、上がるか下がるかなんて、神様じゃないんだから分かるわけありません。
大事なのは短期の株価に一喜一憂することなく、永久に存続しそうな優良企業の株をできる範囲でコツコツと買い増ししていくことだと思います。


ですよね、バフェット先生!


「そこそこの会社を素晴らしい値段で買うよりも、素晴らしい会社をそこそこの値段で買いたい」
ウォーレン・E・バフェット


Ate breve! Obrigado!