ごきげんいかがですか。
むねやんです。

本日は過去記事リライトのご案内です。

リライト対象記事

つみたてNISAオススメ商品紹介!最強ファンドランキング・ベスト3!

確定拠出年金iDeCoは最強の所得税対策!おすすめファンドランキング・ベスト7【イデコまとめ】

所感

先日の【ニッセイ外国株式インデックスファンド】乖離問題を機に、おすすめ商品の見直しをすると申し上げました。

ニッセイ外国株式が乖離連発!もうMyおすすめファンドから除外決定!


そう宣言から放置し続けること1ヵ月。
ようやく記事のリライトをすることができました。
取り掛かりが遅くて申し訳ない。

おすすめ商品追加したのは皆様ご存知【eMAXIS Slim先進国株式インデックス】(以下、【eMAXIS Slim先進国】)です。

ニッセイ株に変わる優良商品を色々と調べてみたのですが、どう考えても【eMAXIS Slim先進国】がベストだと言う結論にいたしました。
やはり信託報酬0.11826%(税込)という驚異的な安さは、消費者にとって非常に魅力的です。

純資産額の小ささが少し気になっていましたが、買い付けるマザーファンドの規模が非常に大きいため、問題ないかなと思いました。



【eMAXIS Slim】シリーズの最大のメリットは、信託報酬最安のファンドを見直す必要がないことです。

ご存知の【eMAXIS Slim】シリーズは「他社からより信託報酬のより低い商品が出てきた場合は、その水準に合わせて引き下げる。」と宣言しています。
ですから、今後信託報酬がさらに安いファンドが現れたとしても、【eMAXIS Slim】シリーズはそれに追随するので、コスト最安ファンドの見直しをする必要がないのです。

【eMAXIS Slim先進国】は信託報酬業界最安値を宣言したときは業界に衝撃が走りましたが、反面、他のコスト最安ァンドの後を追いかけるイメージも少しはあり、少し純資産額の増加が伸び悩んでいた面もありました。
しかし、先日の信託報酬の0.20412% → 0.11826%(税込)に下げたことによって、投信ブロガーの期待と注目を一身にに受けることになり、純資産額の急増につながりました。
先の【ニッセイ外国株式インデックスファンド】乖離問題もあり、【ニッセイ外国株】から【eMAXIS Slim先進国】に乗り換える人も増えているようです。

【eMAXIS Slim先進国】はその信託報酬のあまりの安さに、将来的にファンド解散にも恐れがあるのではないかとの考えの方もおられるようです。
ただ個人的には、三菱UFJ国際投信は他にもいろんな商品を取り扱っておりそちらで利益をきちっと取っておりますので、その辺は心配ないのではないかなーと思っています。(根拠ナシ)



いずれにせよ、先進国の対象ファンドとしては最低コストと十分な規模のマザーファンド、そして順調に増加する純資産額を鑑みると、当面は【eMAXIS Slim先進国】一強が続くと思われます。

つみたてNISAやiDeCoでも購入できますので、おすすめですよ。

まとめ

・【eMAXIS Slim先進国】は同種商品コスト最安の優良商品
・ファンドの見直しが不要なので、ロングホールドでも安心
・つみたてニーサやイデコでも取り扱いあり

今後のリライト

対象商品が少なかったiDeCoにも種類が増えてきたようなので、また近いうちに他の商品も見直しします。

Ate breve! Obrigado!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑本日も応援のポチ、よろしくお願いいたします☆