むねろぐ

~米国株式・高配当再投資でまったりリッチ~

「i’m lovin’ it」【MCD】を164.90ドルで7株、購入しました。

ご機嫌いかがですか。
むねやんです。


先日、みんな大好き「i’m lovin’ it」【MCD】を164.90ドルで7株、購入しました。
これでまた一歩、億万長者に近づきました。

購入のきっかけ

購入のきっかけはこれまた単純。
私の職場の近くのマクドナルドが改装し、リニューアルオープンしました。
その外装がピッカピカで何かウキウキしていまったから、思わず買っちゃった(?)というそんなよく分からない理由です。

まあ、前々から買おうと思っていた銘柄だったので、正直、理由なんてどうだっていいんです!
ブログ書きながら思いましたが、この購入きっかけの下りも後でムリクリ作った理由ような気がしてきました。
社会心理学でいうところの「認知的不協和」というやつでしょうか?
それとも私が単に、ブログのネタに困っているのでしょうか?

話は変わりますが、「話のネタ」ってよく聞きますけど、正しくは「話の種」なのでは?
投資とは全然関係ない話ですけど・・。

銘柄分析

f:id:munelog2007:20171109213408p:plain
出典:公式HP

企業名:McDonald's Corp
ティッカー:MCD
株価:170.10ドル
配当利回り:2.38
PER:30.98
EPS:5.49
BPS:-2.69
52週高値:170.92
52週安値:111.80
1年トータルリターン:52.01

日足チャート
f:id:munelog2007:20171109212653p:plain


【PEP】の銘柄分析については、私もよく参考にさせて頂いております、ゆ~ていさんの記事をご覧下さい。
とても詳しく分かりやすく紹介されております。
【米国銘柄&株価分析】マクドナルド(MCD)~純資産激減は株主のため? | 81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

総評

ご存じのとおり、世界最大級のハンバーガーチェーンです。
ファーストフードの代表格といえば、マクドナルドを思いつきますよね。
日本人にとって最も親しみのある米国企業のひとつだと思います。

運営は直営店フランチャイズに分かれるようですが、近年は徐々に直営店の割合を減らし、フランチャイズによるロイヤリティの比率を増やしているそうです。
その方が設備投資によるコストも少なくなるし、店舗不採算によるリスクも減らすことができるというわけですね。
製造・販売方法やオペレーションを提供し、ロイヤリティを得る業態といえば、コンビニエンスストアもそうですね。

かつて鶏肉問題異物混入事件などでマクドナルドに非難が集中し、株価も低迷していた時期もありました。
しかしスティーブ・イースターブルックCEOの就任からは、経営改革や「オールデイ・ブレックファスト」の導入により売上げは徐々に回復しております。
株価も好調で、この1年トータルリターンは52.01%もアップしております。
営業キャッシュフローも25%以上を常にキープしており、毎年ある程度の設備投資は必要ではあるが、財務諸表を見る限り経営は安定しています。
外食産業には不測の事態もつきものですが、それでもマクドナルドが長期にわたって利益をもたらす優良企業であることに異論はないでしょう。

少し買うのが遅かったことが悔やまれますが、これもまた勉強!
楽しみながら今後も買い増しのチャンスを狙っていくことにしましょう。


ところで、マクドナルドのロゴって「M」じゃないらしいですが、ご存じでした?
知ってた人はちょっとハナタカかも?

マクドナルドでは当時別のロゴが使われていたが、シカゴ1号店に設置されていた「ゴールデンアーチ」と呼ばれる建造物が象徴的であったため、そのアーチの形をロゴにした。つまりゴールデンアーチが「M」に見えることからマクドナルドのロゴが完成したということになる。

掲載元
なんと!マクドナルドの「M」マークはマクドナルドのMではない|面白ニュース 秒刊SUNDAY


Ate breve! Obrigado!