ごきげんいかがですか。
むねやんです。

今回は、むねやんが米国株ブロガー・大阪オフ会に参加してきた件についてお話します。

参加メンバー

ころすけさん
ころすけのお金のお話

たかハサウェイさん
T.Hathaway’s US STOCKS LONG RUN

Nadiaさん
ナディアの資産運用Diary

ミスターマーケットさん
ミスターマーケットの日本株米国株投資ブログ

そして私、むねやんの5人です。

人生初のオフ会

オフ会というものに参加するのは、人生で初めてでしたので、少し緊張しました。
ネット上では、何やらオフ会というリア充限定の都市伝説を聞いたことがありましたが、まさか自分が参加する羽目になるとは夢にも思っていませんでした。
参加を呼びかけてくれたミスマさんを始め、メンバーの皆様には感謝感激です。

妻の了承を得る

さて、人生初のオフ会は楽しみなのですが、問題は子育てに追われる妻の了承を得られるかどうかです。
不安でしたが、思い切って打ち明けることにしました。

むねやんむねやん

オフ会行ってきてもいい?

妻

アナタだけ楽しんでくるなんてズルイ(怒)

むねやんむねやん

551蓬莱買ってくるから。

妻

いってらっしゃい!(キリッ)

買収成功です。

待ち合わせ

私だけ遅れての参加でしたので、待ち合わせは私1人VSブロガー軍団4人という構図でした。
「もし強面のオラオラな人たちだったらどうしよう?」
とドキドキしながら待っていましたが、実際にお会いしてみるとそんなことはなく、全身から溢れ出る良心と気品、柔和な顔立ち、そして先進的でモダンなスタイルを兼ね備えたナイスガイ&レディな皆さんでした。

高級イタリアンへ

会食は毎度おなじみ高級イタリアンで催されました。
もはや米国株ブロガー界隈では、ここでオフ会を行うのが最早常識と化していますね。
一番始めにココを会場にした人、ホントすごいなぁと思います。

トークは大賑わい

オフ会(二次会)が始まりました。
まぁ皆さん、喋る喋る!
そして盛り上がることこの上なし!
初心者から上級者向けの話まで幅広くお話されていましたが、これだけの振れ幅があっても皆さん普通に会話に入ってこれてるのがホントすごいと思いました。
私の地元の仲間内では絶対にありえない会話です。

特に既存メンバー4人の連携が非常に見事です。
Nadiaさんが問題提起をし、ミスマさんがそれに応じ、たかさんがトークを膨らませながら、ころすけさんがそれを適切な配分でピシャリとまとめる。
プレイボール→先発→中継ぎ→抑え→完封まの継投がバツグンに機能しており、オフ会成功の勝利の方程式がありありと見て取れました。

で、私はどうしていたのかというと、ほぼほぼ観客のように聞いてることが多かったですかね。
もしかしたら傍目に退屈に見えたかもしれませんが、内心はテンションMAXで超興奮して聞いていました。
何せ、リアル世界で投資関係の話を他人とするのは妻以外にほとんどありません。
ましてやその相手が投資リテラシーの高い人たちというのは人生初の体験でしたので、もうお話をきいてるだけで胸いっぱいでした。

ただ途中「むねやんさんはどう思いますか?」と言ったパスを何度か頂くことがあり、もしかしたら聞くばかりの私に気を遣って下さってくれてるのかな、と思う場面もありました。
変に気を遣わせてしまったのならば、申し訳なかったかなと反省してます。
私は十二分に楽しんでいたのですが、次回はもうちょっと喋るようにしましょう。

メンバーがみんな超常識人

私を除くメンバー全員に共通していることは、皆さん社会的IQが非常に高い、という点でした。

出会ってから6時間以上お話しましたが、会話が滞らないことは勿論、モメることもなく、また妙な自慢もなく、ほぼ全員が共通認識を持って楽しく会話を続けるということは簡単なようで難しいことです。
投資の知識うんぬんよりも、各個人が社会人として一定以上の常識と教養を身につけており、それを全員が持ち合わせているということは奇跡に近いんじゃないかなと思いました。
米国株クラスタの人たちってみんなこんなレベル高いんでしょうかね?
ホント尊敬します。

総論

初めてのオフ会参加でしたが、本当に有意義なひと時でした。
メンバーは気さくで優しく上に、向上心も高く、相手の意見をフラットに受け入れる度量もあるので、何の気兼ねもなく会話できるのは非常に楽しかったです。

終始、大満足の人生初オフ会でした!

今回のオフ会で収穫したことや、皆さんにお伝えしたいことはたくさんあるのですが、それはまた近いうちに記事化しますのでしばしお待ち下さいね。

皆さま、本当にありがとうございました!

Ate breve! Obrigado!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑本日も応援のポチ、よろしくお願いいたします☆