むねろぐ

~米国株式・高配当再投資でまったりリッチ~

つみたてNISAは非課税で超お得!おすすめ最強ファンドランキング・ベスト3

ご機嫌いかがですか。
むねやんです。

f:id:munelog2007:20171009184556p:plain

今回は、2018年から施行されます「つみたてNISA」(積立NISA)について、おすすめの商品(ファンド)ベスト3を独断で発表させていただきます。


※これらはむねやん個人の投資方針に基づいており、確実なリターンを保証するものではありませんのでご了承ください。

※むねやんは、おすすめする商品に関して特定の企業・団体・個人から利益はもらっておりません。あくまで私が心から良いと思った商品を紹介しております。


そもそも「つみたてNISA」って何?


まず初心者の方にむけて、つみたてNISAの概要について簡単にご説明させていただきます。
中級者以上の方は読みとばしていただいて結構です。

  • つみたてNISA口座で資産運用を行えば、通常課税される20%の税金が非課税となる。
  • 非課税枠は年間40万円×20年間。それを20年間に分けて投資できる。(最大800万円まで投資可能。)
  • 2018年1月から運用開始(口座開設は2017年10月からスタート。)
  • 現行NISAとの併用はできない
  • 対象商品(ファンド)は、手数料を抑えた初心者向け106本が対象。


より詳しく知りたい人は、下記の金融庁HPのPDFを参考にしてみてください。
つみたてNISA関連


また、NISAによる節税額や資産の複利計算は以下の記事を参考にして下さい。
www.munelog-america.com


むねやんの投資方針について


むねやんの米国株・投資方針については、以前、記事にも紹介した通りです。
www.munelog-america.com


これを、つみたてNISA用にざっくり言い換えると、次のようになります。

  • 投資方針の根幹として、米国株式市場への優良銘柄を投資が最も優れていると考えている。
  • 個人的には、資本主義経済の中心である米国への一極集中で十分だと考えるが、それが不安だと思う人は欧米等の先進国に適度に分散させるのもありだと考える。
  • さらに、先進国(米国・欧米)だけの投資が不安な人、もっと分散範囲を広げたい人は、全世界の株式市場に投資できるファンドを選択する。
  • 大きな当たりを狙いたいのであれば、新興国に投資するのもありだが、大負けする可能性もあり初心者には難しいので、むねやんはおすすめしない。
  • 20年以上長期にわたって投資を続るのであれば、株式の方が債券より低リスクの可能性が高いので、株式以外の投資は不要と考える。( 『株式投資の未来』ジェレミー・シーゲル著)
  • リターン期待値との兼ね合いもあるが、信託報酬(経費率)は低ければ低いほどよい。

つみたてNISA(積立NISA)おすすめファンド・ベスト3


上記の条件を踏まえたうえで、むねやんがおすすめする商品(ファンド)はこちらです。


つみたてNISA おすすめ商品1位


【楽天・全米株式インデックス・ファンド】

当初設定日 2017年9月29日
基準価格 10,317円
信託報酬 年0.16956%(税込)
買付手数料 なし
証券分類 米国株式-為替ヘッジ無し
投資形態 ファミリーファンド
ベンチマーク CRSP・USトータル・マーケット・インデックス
投資対象ファンド VTI
純資産総額 2,887百万円
分配金 年1回(7/15)
3年間リターン
標準偏差
運用会社 楽天投信投資顧問株式会社

f:id:munelog2007:20171218150442p:plain

f:id:munelog2007:20171218150809p:plain

f:id:munelog2007:20171218150821p:plain

f:id:munelog2007:20171218150837p:plain


楽天が満を持して発表した米国株ブロガー垂涎のファンドです。
内容は楽天が米国ETFのVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)を買うだけのものですが、このVTIがとにかくスゴイ!
VTIは米国株式市場の99.5%を網羅しており、これ一本で大中小問わず米国株式市場のほとんどに投資することが出来るのETFです。
構成銘柄も、アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、ジョンソン&ジョンソン、エクソン・モービル、etc・・・・、と、超有名巨大企業が上位を占めています。
ベビーファンドは出来立ちなので少額ですが、マザーファンドの大きさたるやどうでしょう。
日本円にして約9兆円です。もう尋常じゃない額ですよね。
しかも、気になる信託報酬は0.16956%と激安です。
年間リターンは期間が少ないため不明ですが、本家のVTIは設定来・年9%のリターンを誇る超優良ETFです。
年9%のリターンということは、約8年で資産が2倍になる計算になります。

米国株ブロガー界隈では、VTIは「最強の一手」との呼び声も高いです。
個人的には、これを超える優良ファンドは今のところないと考えてます。
つーかもうこれ1本だけでいいくらいです。
「アメリカがいつテロや核攻撃で崩壊するか不安でしょうがない」と考えている人以外は、上記ファンドをオススメします。

参考までに過去記事です。
www.munelog-america.com



なお、同じく米国株式市場に投資する【iFree S&P500インデックス】もあります。
信託報酬0.225%(税抜)と非常に低コストで、ベンチマークもS&P500インデックスという非常に優れた商品(ファンド)なのですが、如何せん純資産額が小さめ(約27億円)なので、いまは様子見です。
今後の成長に期待です!


つみたてNISA おすすめ商品2位


【ニッセイ外国株式インデックスファンド】

当初設定日 2015年3月31日
基準価格 15,306円
信託報酬 年0. 20412%(税込)
買付手数料 なし
証券分類 先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し
投資形態 ファミリーファンド
ベンチマーク MSCIコクサイ・インデックス
純資産総額 73,773百万円
分配金 年1回(11/20)
3年間リターン 年6.42%
標準偏差 6.78
運用会社 ニッセイアセットマネジメント

f:id:munelog2007:20171220171029p:plain

f:id:munelog2007:20171220171335p:plain

f:id:munelog2007:20171220171053p:plain

f:id:munelog2007:20171220171059p:plain

f:id:munelog2007:20171220171114p:plain


ニッセイアセットマネジメント株式会社が販売している投資ファンドです。
「インデックス投資」をやっている人たちの中では、一番有名なのではないでしょうか?
ちなみにこのファンド、「投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤー」2014~2016で1位をとっている、3タイムスチャンピオンです。
今年の2017年も4連覇の大本命でもあります。
実は今のところ先進国ファンドのなかでは、他のファンドの方が信託報酬最安なのですが、なんとここへきて11/21から信託報酬を引き下げし(0.011%マイナス)、先進国ファンド最安1位の座を奪い返す予定です。その意気や良し!ということもあって、2位にランクインさせていただきました。
主な投資先地域はアメリカが65%と過半数を占め、イギリス7.1%、フランス、カナダ、ドイツが4%前後、他にスイスやオーストラリア等に数%投資されています。
比較的若いファンドですが、日本国内では十分実績のあるファンドなので、米国一極投資に不安がある人はこちらもおすすめです。


つみたてNISA おすすめ商品3位


【楽天・全世界株式インデックス・ファンド】

当初設定日 2017年9月29日
基準価格 10,275円
信託報酬 年0.2396%(税込)
買付手数料 なし
証券分類 先進国・新興国株式(広域)-為替ヘッジ無し
投資形態 ファミリーファンド
ベンチマーク FTSEグローバル・オールキャップ
投資対象ファンド VT
純資産総額 1,402百万円
分配金 年1回(7/15)
3年間リターン
標準偏差
運用会社 楽天投信投資顧問株式会社

f:id:munelog2007:20171218150854p:plain

f:id:munelog2007:20171218150904p:plain

f:id:munelog2007:20171218151046p:plain

f:id:munelog2007:20171218151721p:plain

f:id:munelog2007:20171218151731p:plain


これも楽天が満を持して発表したファンドです。
このファンドが登場して嬉しいのは、米国株投資家より、むしろインデックス投資家の皆さんではないでしょうか。
というのも、この投資対象ETFであるVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)は、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」2012~2013まで1位を受賞し、それ以降もずっとベスト3に選ばれているファンドだからです。
そしてこのVTが凄いのは、このETF1本で「世界47か国、約8000銘柄」の株式に投資できるというものということです。
これは、全世界の市場時価総額の98%以上をカバーしていることになります。
純資産額も日本円にして約1兆円と、VTIには譲るものの十分すぎる規模です。
主な投資先地域は、アメリカ53%、欧州25%、太平洋地域14%、新興国+中東8%、といったところです。
投資配分はやはり各地域の株式市場規模と比例していますが、それでも全世界に投資できているのは精神的に楽ともとれます。
それでいて信託報酬は年0.2396%と、全世界系ファンドの中では最安クラスです。
現在は設定から期間が短いためベンチマークとの乖離が目立ちますが、それも徐々に改善されていますので、そのうち収束すると思われます。
本家VTの3年間リターンは年5.9%程度と上記2ファンドに比べればやや少ない印象ですが、今後新興国が目覚ましい発展をする可能性もありますし、リターンを上回る可能性もあります。
枕を高く安心して毎日眠りたい方はこちらをおすすめです。


総評

いかがだったでしょうか?

あくまでむねやんの独断と偏見が混じったベスト3でしたが、まあ当たらずとも遠からずといった感じではないでしょうか?(多分・・)

銀行さんや投資信託会社さんでは、上記のような商品はおすすめされない可能性があります
なぜなら上記商品は、信託報酬がどれも非常に低い上に売買手数料も少ないので、銀行さんや投資信託会社さんは儲けにならないからです。
だから「NISAおすすめ商品のチラシに載ってなかったよー」という方も不安にならないでください。
向こうも商売でやってますからね。


月々3万3千円前後の積み立てということで、私ならば楽天・全米株式インデックス・ファンドに集中投資すると思いますが、不安でしたら2位、3位のファンドに投資したり、また1万円ずつとかに分けて投資するのもいいかもしれませんね。


またこれを機に、他の商品(ファンド)を研究するのも良いと思いますよー。
世間のつみたてNISAの認知率は約20%らしいですが、これがどんどん一般的に普及していって、ゆくゆくは金融リテラシーの高い国になったらいいですね。



Ate breve! Obrigado!


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑本日も応援のポチ、よろしくお願いいたします☆

よろしければこちらの記事もどうぞ↓
www.munelog-america.com
www.munelog-america.com
www.munelog-america.com